スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「抱きついていい?」  幼馴染「えっ、はわっ……えっ!?」


男「……」ギュー

幼「えっ、ちょっと、え、何なのこれっ?」

男「……」

幼「えっなになに?!夢なの?何なの?」

男「……」ギュー

幼「痛いっ!痛いよ!つねるなっ!抱きしめるのもつねるのも同じ表現じゃわかりづら……ってそうじゃない!夢じゃないっ?!でもなんで?えっ」

男「んー……」

幼「男っ!これなんなの!」

男「あー……いつも抱きついてくるじゃん?幼」

幼「最近はやってないよ!」

男「いや、隙あらば狙ってるだろ……」

幼「ばれてたっ!?」

男「まぁそういうわけで、俺のほうから抱きついたらどうなるのかなっていう……実験?」

幼「実験……」

男「うむ」

幼「で、結果は?」

男「あぁ……真っ赤になって……んー.怒った……?」

幼「おかしいでしょ!なんでそうまとめちゃったの!」

男「でも、怒った顔だったよな…?」

幼「確かに突然抱きしめられて何か男に心境の変化があったのかなとか期待したのに実験とか言われてちょっとムッてなったけど」

男「だろ?」

幼「悪意あるつなぎ方だよそれは!私がものすごく怒ってるみたいじゃん!」

男「激おこぷんぷん丸?」

幼「うるさいよっ!」

男「しかし怒るとなると今後は俺から抱きつくのはやめておくべきか……悪かったな」

幼「人の話を聞けっ!」

男「……ん?」

幼「ん?じゃないよっ!いきなりわけもわからず抱きしめられてドキドキさせられたのにただの実験とか言うしもう抱きつくべきじゃないかとか言い出すし!なんなのっ!」

男「お、おう……えーと……ごめん……?」

幼「ごめん……?じゃないよ!なんなのこのなんとも言えないやり場のない気持ちを私はどこにぶつければいいのっ!」

男「今まさに俺にぶつけてるじゃないか」

幼「そういう問題じゃな……いやもういいや……」

男「えーと……ごめん?」

幼「だからなんで疑問系なの……」

男「そうか……しかし」

幼「?」

男「女って抱き心地良いんだな」

幼「ごほっ!けほっ!いきなり何をっ?!」

男「いやーもう抱きつけないのが残念だ……」

幼「えっ」

男「ん?」

幼「私、抱きつくななんて言ってないけど?」チラチラ

男「こんなことなら抱きついてきた時に感触をしっかり味わっとくべきだったか……」

幼「なんで無視するの!」

男「?」

幼「別に抱きついても良いって……いや……」

男「お?」

幼「もしかしてさ」

男「おう」

幼「男はいま私に抱きついて欲しいってこと……?」

男「ん?……そう……なのか?」

幼「だって抱き心地良かったんでしょ?」

男「まあそうだな」

幼「そしてもう男は抱きつけないと?」

男「あれ?別に抱きついても良いとか」

幼「とりあえずそれは忘れて」

男「あ、はい……」

幼「そうなると抱き心地のいい私をもう一度味わうには私からの抱き付きを容認せざるをえない!」

男「お、おう?」

幼「つまり抱き付き放題!」ガバッ

男 スッ

幼「何でよけるのっ?!」

男「いや……つい……」

幼「さすがに傷付いたよ!こんな流れでも拒否されるなんて……」

男「身体が勝手に……?」

幼「無意識に拒絶するレベルなの……」ガクッ

男「そういうわけじゃなく……えーと……」

幼「もう抱きつかないよ!」

男「それは何か……嫌だな」

幼「じゃあなんで拒否したのっ!?」

男「いや、それはな、えーと……」

幼「もういい……もう抱きつかないからっ!」

男「あー……」

幼「もう男は一生この抱き心地のよさを感じることなく死ぬんだよ!」

男「いや、それに関してはまあ他にも抱き心地いい人はいるんじゃ…」

幼「……」

男「え……あ、そうじゃなく……えっと……」

幼「ちょっと泣きそうなくらい傷付いたよっ……そうだよね……男は私以外にも抱きつく相手くらいいくらでもいるよね……」

男「いやいないけど」

幼「いないのっ!?」ガタッ

男「そりゃ幼以外抱きついてくるようなの周りにいなかっただろ?」

幼「えへへー」

男「復活はやいな……」

幼「つまり男の感触を知ってるのは私だけ!」

男「んー……」

幼「えへへー、そうかそうかー」ニヤニヤ

男「……あっ!」

幼「えっなにっ?やっぱり誰かいるの?!」

男「いや、ちょっと暴走しそうだったから思わせ気味に間をとっただけだ」

幼「ひどい!そうやって毎回毎回私を弄んで!」

男「弄んでるつもりはないんだけどな」

幼「どっちにしても私は傷付いた!」

男「そうか……」

幼「というわけで男は私に抱きつかれる義務があると思うの!」

男「それはちょっと強引なんじゃ」

幼「問答無用!」ダキッ

男 サッ

幼「……」

男「えっと……泣くなよ」

幼「泣いてないし!」グスン

男「だいたいさっき抱きつかないとか言ってなかったか……?」

幼「よく考えたら男が悪いのに抱きつかないとか私が損するだけじゃん!理不尽だよっ!」

男「そんなこと言われても幼が言ったんじゃ……」

幼「うぅー……」

男「俺が悪いのか……?」

幼「悪いの!」

男「幼は損するのか……?」

幼「するの!」

男「えーと……」

幼「なに!」

男「いや、じゃあ……幼は抱きつきたい……んだよな?」

幼「そうだよっ!でももう二回も拒絶されて心が折れそうだよ!」

男「いきなりだとびっくりするんだよ……」

幼「ほんとにそれだけ……?」

男「あー……まあもう成長したんだし抱きつくのはどうかなーとは思うけど」

幼「やっぱり……」

男「まあでも確かに二回も避けたのは流石に可哀想かなと思うしまあ今日はこっちから抱きついちゃったしなーと」

幼「つまり……?!」

男「いきなりじゃないならまあ……抱きついてもいいけど」

幼「ほんとにっ?!じゃあ……抱きついても良いですか?!」

男「なんで敬語……はいよ、ただし飛びかかってはくるなよ?」

幼「わかった!」

男「よし」

幼「じゃあ……抱きつくよ?抱きつくからねっ!?」

男「おう」

幼「い、いくよっ!ほんとに行くからねっ!」

男「はいはい」

幼「……」ドキドキ

男「幼?」

幼「なんかだめだよ!これなんか緊張するよ!」

男「ならこの話はなかったことにす――」

幼「だめ!!待って!!!」

男「おぉっ?!」

幼「ちゃんと抱きつく!ちゃんとやるから!なかったことになんてしないで!お願いだから!」

男「わかったわかった……大丈夫だから落ち着け、ちょっと怖いわ」

幼「だって!」

男「そんなに必死にならんでも……」

幼「うー……最近拒否され続けて今日なんか二回も避けられて……もうこのチャンスは逃せないの!」

男「そうなのか……」

幼「そうなのっ!」

男「こんな溜め込むならちょっとくらい許すべきだったか……」

幼「ほんとだよっ!ちょっとと言わず常に許してくれれば!」

男「で、結局抱きつかないでいいのか?」

幼「う……わかってる!そのまま!動かないでね!」

男「はいはい」

幼「うー……」

男「早く来いよ……」

幼「なんで男だけそんな余裕があるの……」

男「何でと言われてもなー……」

幼「むー……なんかムカつくっ!えいっ!」

男「ぐっ!おい、飛びかかるなって言っただろ……」

幼「勢いは大事なの!それにもう抱きつく時は隙をついて飛びかかるのが癖なの!拒否し続けた男が悪い!」

男「その癖がなければもうちょっと許してもいいんだが……」

幼「そうだったの!?」

男「あー多少は……」

幼「そうだったの……」スーハー

男「……何してんだ」

幼「久しぶりの男の感触を!匂いを!堪能してるの!」

男「そんな良いものじゃないだろうに……」

幼「私にとっては生きるのに必要なエネルギー……って待って!」

男「ん?」

幼「さっきのほんとっ?」

男「さっきのって……あー幼しか抱きついてくるやついないってのか?」

幼「違うでしょ!わざとやってるよねっ?それもうずいぶん前の…え、あれ、それやっぱり嘘だったの……?」

男「いや、ほんとだけど」

幼「うー……またそうやって!」

男「悪い悪い」ナデナデ

幼「わっ……抱きつきながら撫でるとか……」

男「いやか?よしやめよう」

幼「わかっててやってるでしょ!」ギュー

男「ごめんごめん、幼はからかいがいがあるからついな」

幼「つい、でいじめないで!罰としてしばらく撫でてて!」

男「はいはい」

幼「それからっ!」

男「お?」

幼「誤魔化されないよ!さっきのほんとかどうか聞いてないよまだ!」

男「あー……誤魔化せたと思ったのに」

幼「何年の付き合いだと思ってるの……?」

男「幼相手だし何とかなるかと……」

幼「手が止まってる!」

男「はいは……あ……」

幼「嫌な予感がする」

男「さっきの話を詳しく言うのとこのまま撫で続けるのとならどったがいい……?」

幼「どっちも!」

男「そんな甘えた選択肢はない」

幼「くっ……やっぱり……嫌な予感があたっちゃったよ」

男「どうする?」

幼「その毎回ちょっと物足りない絶妙なところで撫でるのやめてまた撫でるのやめて!」

男「二回も撫でるのやめてと言われるとちょっと傷つくな」

幼「そうじゃないでしょっ!」

男「で?どっちがいいんだ?」

幼「ふっふっふ……」

男「?」

幼「男はさ」

男「おう」

幼「もし私がじゃあこのまま撫でててと言ったらどうするの?」

男「どうするってそりゃ撫でるけど」

幼「男は撫で続けるって言ったよね?」

男「ん?そうだな……?」

幼「朝まで離さないよ?」

男「……」

幼「男は私に抱きつかれたまま朝まで私の頭を撫でると……」

男「いや……それはさすがに……」

幼「男は私のことからかうけど約束は守るもんねー?」

男「いや、でもここ幼の家だろ?おばさんとか……」

幼「大丈夫どころか状況を説明すればこの部屋を密室にして軟禁するくらいのことはしそうだよね」

男「くっ……」

幼「窓見てもダメですー逃がしませんー」

男「下手なこと言うんじゃなかった……」

幼「じゃあ朝までよろしくね!」

男「待て幼」

幼「何ー?」

男「確かに撫で続けるとはいったけど」

幼「うん」

男「どこを、とは言ってないよな……?」

幼「そうだね?」

男「なら……このまま続けろと言うなら撫でる位置を徐々に下げる……!」

幼「だいぶ混乱してるね男……」

男「さあ幼、撫で続ける方を選んだらセクハラが待ってるぞ」

幼「別にいまさら気にしないけど……?」

男「なっ……」

幼「なんなら脱ごうか?」

男「なっ、なっ……!」

幼「いつもと立場逆転だねー」

男「えーと……幼……」

幼「何?」

男「俺が悪かったから許して下さい」

幼「そうだなー……」

男「ちゃんとさっきのは言うから」

幼「飛びかからなければ少しくらい抱きついてもいい、だっけ」

男「はい……」

幼「でもさ」

男「……」

幼「足りないと思わない?」

男「……何が……?」

幼「いや、こんなに私優位な状況なのにそれを言い直したくらいじゃねぇ?」

男「どうすれば……」

幼「飛びかからなければいつでも抱きついていいというなら考えよう」

男「考えるだけなのが怖いな……」

幼「チャンスは最大限活かさないとね!」

男「ほどほどにしといて下さい……」

幼「んー、じゃあいつでも抱きついていいって言ったら許そう!」

男「いつでも……」

幼「そう、いつでも」

男「一緒にいるときだけなら……」

幼「その約束だと明日から私のこと避けたりしない……?」

男「あーそういうのもありなのか」

幼「ないよっ!却下!流石にそんなあからさまに避けられたら泣くくらいじゃすまないからねっ!」

男「お、おう……いやそうじゃなくな?」

幼「ダメだよ!」

男「まあ聞けって、というか俺だって幼のこと避けたいとは思ってないしまずこんな家族ぐるみの付き合いで避けようもないだろ……」

幼「そうだけど……」

男「さっきのはそうじゃなく、むしろ幼の方が抱きつくためにって寝る時やら色んな時に押しかけて来ないようにと」

幼「その手があったか!」

男「それをなしにしようって話だよっ!」

幼「気づかなかった……そんな手が……」

男「もうないからな?」

幼「うぅ……わかったよ、抱きつくのは一緒にいるときだけ、でも男はそのために私のこと避けたりしない」

男「おう」

幼「そしたら明日から抱き着き放題なんだね!」

男「えっと……ほどほどに、な?」

幼「わかってる!」

男「不安だ……」

幼「でも……」

男「ん?」

幼「何で男はそんなに抱き着かれるの嫌なの……?」

男「別にいやってわけじゃないぞ……?」

幼「じゃあなんでこんなに拒否してたの……抱き着きたいけど抱きつく度男に嫌われるんじゃないかとか思って我慢したりしてたのに……」

男「我慢して……?あれで……?」

幼「そうだよっ!悪かったね!」

男「ふむ……別に嫌いになったりはないぞ?」

幼「良かった……」

男「いや、幼はあんまり変わってないかもしれないけどな、俺たちももう結構大きくなったわけで」

幼「失礼な!ちょっとは成長してるよ!」

男「わかってるから押し付けるな!」

幼「ささやかながらちゃんと成長したことを知ってもらう必要があると思って」

男「十分わかってるというかむしろそれがダメな原因だよ!」

幼「?」

男「この年で男女が抱き合うってのはどうかと思うんだ」

幼「むー……私が一方的に抱きついてるだけじゃん!男は何もしてくれてないじゃん!」

男「そこ大事なのか……?」

幼「大事だよ!抱きしめられる喜びを教えた男のせいだから責任を取るべきだと思う!」

男「大事だったのか……」

幼「スルーしないで!」

男「まあそういうわけだから抱きつかれるのが嫌ってわけじゃないぞ」

幼「結局男からは抱きしめてくれないんだね……」

男「いや……んー……」

幼「んー?」

男「ん、やっぱだめだな」

幼「なんでっ?!」

男「んーこれをいうと笑われそうなんだが」

幼「笑わないっ!」

男「……まあいいか、ここまで言ったし」

幼「そうそうっ!なになにっ?」

男「あー……えっとな?」

幼「うん!」

男「何となくこういうのは付き合ってからやることなのかなーという抵抗がな……?」

幼「?!」

男「あ、いや別に幼と付き合う予定とかつもりとかそういうことじゃなく、な?」

幼「……」

男「と、いうわけです」

幼「ふーん……」

男「えーと……?」

幼「つまりこういうことは未来の彼女のために控えておきたいと」ギュー

男「痛い痛い!」

幼「むー……」

男「笑われる覚悟はしてたけど不機嫌になるのは予想外だった……」

幼「言いたいことはわかるけどそしたらもう私抱きつけないじゃんっ!」

男「思いっきり抱きつきながらでまるで説得力がないな……」

幼「うー……」

男「てか」

幼「ん?」

男「別に抱きつけなくはないだろ?」

幼「?」

男「幼が将来的に彼女になる可能性もまあ無きにしも……」

幼「あるのっ?!」

男「そうなのも何も幼次第じゃないか?」

幼「えっ?どういうこと?」

男「こんな恥じらいもなく抱きついてきてるうちはまあ無いかなーと」

幼「何でっ!?」

男「いや、だって……俺のこと男として意識してないだろ?」

幼「えっ……」

男「ん?」

幼「そんな風に見られてたのっ?!」

男「いやそうじゃなきゃこんな何の躊躇いもなく抱きついては来ないだろ……」

幼「そんな……そうだったの……」

男「まあそんな幼に早く成長してもらうためにも抱きつくのはどうなのかなーと……」

幼「……!」

男「お?どうした?」

幼「つまり男は私に早く成長して欲しいっ!?」

男「んー……そうなるのか……?」

幼「それは成長した私なら付き合ったりできるからっ?!」

男「えっ……そうなるの……か……?」

幼「そういう考えはなかったと……」

男「まあでも確かに言われてみれば……?」

幼「?!」

男「どのみち幼にその気がなきゃ意味ないだろ」

幼「その気あるよっ!全然あるよっ!」

男「そうなのか……?」

幼「むしろこれだけのアピールでもそんな風に考えてた男に驚きを隠しきれないよっ!」

男「お、おう……」

幼「それで?」

男「それで?とは」

幼「これだけわかりやすく言ったのにノーコメントはどうかと思うなーって」

男「あー……」

幼「まだ足りないなら」

男「待て幼」

幼「なに?」

男「ほんとに良いのか?」

幼「?」

男「勘違いじゃなきゃ、その先を言っちゃえばもう戻れないぞ?」

幼「わかってる!」

男「最悪もう抱きついたり出来ないぞ?」

幼「わかって……あれ?これってもしかしてやんわり断られてる……?」

男「なら俺の方から言う」

幼「待って!」

男「おう?」

幼「何も言う前から断られるなんて嫌だよ!せめて言うだけでも言わせてよ!」

男「え?いや断るつもりはないけど」

幼「え?どういう」

男「幼……」

幼「はい……って待ってまだ混乱してるのにシリアスな顔しないで!待って待って!」

男「お?」

幼「お?じゃないよ!なんなの!」

男「いやだから俺は幼のことす……」

幼「わー!だから待ってって!」

男「これはあれか……俺はやんわり幼に断られて」

幼「違うから!てかどうしたの急に!そんな素振り見せてなかったじゃん!」

男「そうか?」

幼「そうだよ!からかわれてた記憶しかないよっ!」

男「……あー」

幼「なのになんで急にっ?」

男「いや、まあいったん落ち着こう幼」

幼「何か納得いかないけど……わかった」

男「よし。好きだ、付き合ってくれ」

幼「うわあああああああ言っちゃったよ!今のはちゃんとゆっくり状況を整理する流れだったでしょ?!」

男「で、返事は?」

幼「ううううう……そりゃ……私だって好きだけど……!好きだけどっ!」

男「良かった、これでこの話は」

幼「終わらないからねっ!」

男「……」

幼「何なの……!?」

男「何なのとは?」

幼「こんなよくわかんないまま告白されて終わりはおかしいでしょっ!」

男「なるほど」

幼「それっぽい返事で適当に流そうとするなっ!」

男「そ、そんなことないぞ?」

幼「じゃあ話して」

男「……何を?」

幼「今まで全くそんな素振りも見せなかったのに突然告白に至った理由だよっ!」

男「幼……」

幼「何……?」

男「付き合ってる男女が密室に二人……この意味がわかるか……?」

幼「何が言いたいの?」

男「早く帰った方が」

幼「却下、むしろ私が襲いたいくらいなんだからっ!」

男「……」

幼「で?」

男「…………」

幼「そんなに言いたくないの……?」

男「そういうわけじゃ……いや、でも……」

幼「良いから話す!」

男「……はい……」

幼「よし」

男「えっとだな……」

幼「うん」

男「自信が無かったんだよ……」

幼「え……?」

男「その……幼が俺のこと好きなのかどうか」

幼「何でっ?!あんなにアピールしてたのにっ」

男「いや、さっきも言ったけど平気で抱きついてくるしさ、なんか家族とか下手したらペットに対する愛情のようなものじゃないかと」

幼「なるほど……アピールが逆効果だったと……」

男「逆効果とは言わないけど……まぁなんかな?」

幼「でもそれにしたって気付いても良いくらい色々したような気が……」

男「一度思い込むと多少のアピールではなー……何となく気づいた頃にはなんかこう……タイミング的なものが……な?」

幼「へたれ」

男「う……」

幼「まぁ……ちゃんと告白してくれたから許すっ!予定とは違うけどね!」

男「お前が望むような王子様みたいなキャラにはなれねぇよ」

幼「私の妄想がばれてるっ?!」

男「幼の考えてることなら大抵わかるっての」

幼「一番大事な部分には気づかなかったくせにっ!」

男「……ただしくだらないことに限るな」

幼「乙女の長年の夢をくだらないで一蹴された?!」

男「言うほどこだわりもなかっただろ」

幼「何でそこまで私の考えてる事見抜いといて肝心なところで……」

男「慎重派なんだ」

幼「ヘたれ」

男「くっ……」

幼「ま、そんなへたれでもちゃんと告白してきたから彼氏にしてあげよう」

男「すごい上から目線できたな……」

幼「ふふんっ」

男「自分でもよくわからないテンションみたいだし」

幼「うるさいよっ!」

男「否定はしないのか」

幼「そりゃだって!ずっと好きだったんだよっ!?ずっと!」

男「今考えると……そうだな、ずっと言ってたな」

幼「ならもうちょっと早く気付いて……ってのはもう良いとして」

男「はい」

幼「これだけ長い間好きだったのになんか終始よくわからないまま告白されたんだよっ?」

男「じゃあ無かったことにするか?」

幼「わかってて聞いてるでしょ……」

男「いや、俺としてもかなり強引だったかなーと……」

幼「そう思うならもう少しましなフォローを考えてっ」

男「おう……」

幼「……」

男「……」

幼「何も思いつかないのっ?」

男「えっ、今考えるのっ?!」

幼「男が何も思いつかないというなら」

男「いや待てダメだ、いやな予感しかしないから俺が考える!」

幼「……」

男「やっぱりよからぬことを……」

幼「よからぬことじゃないよっ!」

男「何する気だったんだ……」

幼「それは……その……せっかく付き合えたんだし、なんか恋人らしいこと、とか……」ゴニョゴニョ

男「恋人らしいことかー」

幼「筒抜けかっ!ゴニョゴニョの意味はっ?!」

男「手でも繋ぐか?」

幼「乙女かっ!てか今更そんな事で」

男「じゃあ繋いでみるか」

幼「なっ!」カアアァァ

男「思ったより効果あったな……」

幼「なっ、なっ……」

男「満足?」

幼「するかー!」

男「おぉっ?」

幼「確かに何か良くわかんない位照れたしなんか良かったけどそうじゃないでしょっ!こういう時はその、キス、とかっ!」

男「お、おう……」

幼「むー……」

男「まぁさ、そんな焦らなくても良いんじゃないか?」

幼「……」

男「ほら、こう……手繋ぐだけでも照れるような関係も、これはこれで楽しんどかないと損じゃないかなって」

幼「確かに……そうだけどさ」

男「のんびり行こう」

幼「何かそれっぽい雰囲気にして逃げられた気がする……」

男「その位で良いと思おう」

幼「んー……何か納得いかないけど……あっ!」

男「ん?」

幼「もう恋人だしさ、抱き着くのはいつでも良いよねっ?」

男「それは付き合う前段階で言ってなかったっけ」

幼「そうだった!」ダキツキ

男「いきなりだな……」

幼「男!」

男「?」

幼「すぐ泣いたり、から回りしたりして、その……面倒なやつだけど」

男「ほんとにな」

幼「そこはちょっとくらいフォローしてよっ!」

男「でもさ」

幼「?」

男「俺はそんな幼が好きだから」

幼「!」カアァァァ

男「離さないから」ギュー


終わり
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

すかい

Author:すかい
新しいものほど良くなってる。

なんてことはありません……

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。