スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩「油断しすぎですよ、先輩」


男「油断……?」

後輩「こんな無防備に私を部屋に招き入れるなんて、何されてもおかしくないですよね?」

男「あれ?なんかおかしくね?」

後輩「おかしいですか?」

男「……ごめん、後輩に限ってはおかしくないわ……確かに油断してたわ……」

後輩「わかってもらえたなら何より」

男「……」

後輩「先輩が今実質一人暮らしなのは聞いてますし」

男「さりげなくドアの方に回り込まれてるし」

後輩「気づかれてしまいましたか……」

男「後輩の考えは何となく読めるようになってしまったかもしれん」

後輩「後はゆっくりベッドに押し倒すだけですね」

男「待て待て、まぁ落ち着けって」

後輩「どちらかといえば落ち着いてないのは先輩ですけど」

男「そうだな……」

後輩「そういう焦った顔も、悪くないですね」

男「無駄にいい笑顔になるな!怖いから!」

後輩「むしろどうしてそんなに焦るんですか?」

男「いや、だってお前……ほんとに襲いかねないだろ?」

後輩「もちろんっ」

男「無駄に真っすぐでキラキラした良い目をしてるな……」

後輩「先輩はじっとしてれば気持ち良くなれるんですよ?」

男「そういう生々しい話やめなさいっ!」

後輩「この程度で顔を赤らめる先輩……可愛い」

男「何か変なスイッチ入った!?」

後輩「最初は冗談のつもりだったんですが……先輩がそんな可愛い顔するのが悪いんですよ?」ガバッ

男「うおっ」

後輩「それとも……私が相手では満足できませんか……?」

男「うっ……」

後輩「ふふっ、その心配はないみたいですね」サワサワ

男「待て後輩、今ならまだ間に合うから、その辺でやめとっ?!」

後輩「耳、弱いんですね?ふぅー」

男 ビクッ

後輩「可愛い……」

男「後輩っ!」パッ

後輩「あっ」

男「よし、とりあえず落ち着いて話をしよう」

後輩「腕は抑えておくべきでしたね……うかつでした……」

男「いいから話を聞け」

後輩「これでは何もできませんし、まあいいですけど……良いんですか?先輩」

男「?」

後輩「この体勢はこれはこれで押し倒されてるようで私は幸せで」

男「おぉ!?悪い!」

後輩「あらら、そのままでも良かったのに…もったいないことをしました……」

男「耳まで赤くしながら何言ってんだ……」

後輩「なっ?!違いますよ!これは!」

男「まあいいから話を聞け」

後輩「……仕方ないですね」

男「よし、えっとだな、後輩」

後輩「はい」

男「物事には順序があるだろ?」

後輩「そうですね?」

男「なら、いきなりこういうことは……まずいと思わないか?」

後輩「?」

男「どうしてそこで不思議そうに首を傾げるんだよ……」

後輩「順を追っていけば良いんですよね?」

男「おお、わかってくれたか」

後輩「では先輩、好きです、セックスしま――」

男「落ち着こう」

後輩「……何がいけなかったんでしょう?」

男「本気で不思議そうな顔をしないでくれ、色々不安になるから」

後輩「どうしたら先輩は私とセックs」

男「ストップ!」

後輩「?」

男「その首傾げちょっと可愛いからやめよう」

後輩「かわっ!///」

男「なんでそこで照れるのにそういう単語は簡単に言えるのか……」

後輩「そういう単語ってセックs」

男「うわあああああああ」

後輩「先輩は初心で可愛いですね」

男「女の子がそういうことを恥じらいなく言うのはダメだと思うんだ」

後輩「そういう女の子は嫌いですか?」

男「えっ、あー、そうだな……やめた方が良いとは思う、ぞ?」

後輩「じゃあやめます」

男「突然素直になったな」

後輩「先輩に嫌われるのは嫌ですからね」

男「そ、そうか……」

後輩「あ、照れましたね」

男「うるさい!とにかく、いきなりそういうことをしようとするのはダメだと思うんだ」

後輩「そう……ですか……」

男「だいたい何でいきなりその……ああいうことしようと思ったんだよ」

後輩「いきなりではないですよね?先輩に会うたび意思は伝えていたはずです!」

男「そういえばそうだな……」

後輩「!」

男「……なんだよ」

後輩「これはもう先輩のいう順序を踏んでいるのでは」

男「踏んでません」

後輩「……」

男「なんで後輩はそんなに、その、したがるんだよ、そういうこと」

後輩「だって……」

男「?」

後輩「……モテるじゃないですか、先輩!」

男「……は?」

後輩「は?じゃないですよ!先輩の周り可愛い子ばかりで!」

男「そうか…?」

後輩「無自覚だったんですか!?」

男「いや……まあクラスとか委員会とかで可愛い子は多いかもしれないけど別に何もないしな…?」

後輩「……」ジト

男「なんでそんな目で見られてるんだろう…」

後輩「先輩、いつか刺されますね、それか襲われます」

男「さっき襲われたな……」

後輩「というわけで!そんな先輩が言ってた順序なんて踏んでる余裕はないんです!」

男「いやいや落ち着けって、全然余裕だって」

後輩「………」ジトォ

男「心なしかさっきより視線が鋭いですね……」

後輩「先輩、やっぱり襲っていいですか…?」

男「なんでだよ?!」

後輩「うー……だって!取られちゃうじゃないですかっ!!!」

男「は?!」

後輩「今日だって!家に呼んでもらえたから、もしかしてって思ってもやっぱり何もしてくれないし!こっちからいっても拒否されるし!そんなの!もう!」

男「お、落ち着け、えっと、悪かったから、あの、泣きやんで」

後輩「うぅ……!」ガバッ

男「うおっ、いきなり来たな……」

後輩「うー……」

男「えっと……悪かったから泣きやんでくれ」ナデナデ

後輩「っ///」

男「その、後輩がそんな悩んでるとは思わなくて……」

後輩「もっと」

男「ん?」

後輩「もっと撫でて下さいっ//」

男「え?あっ、悪いなんか無意識に」

後輩「いいから続けて下さいっ!///」

男「お、おう…」ナデナデ

後輩「こんな甘やかしてくれるなら、たまには泣いてみるのも良いかもしれません」

男「まだ泣いてるくせに割と余裕あるんだな…」

後輩「……そんなことないんでちゃんと撫でててください」

男「はいはい」

後輩「///」


男「落ち着いたか?」

後輩「はい……」

男「えっと……じゃあそろそろ遅いし」

後輩「先輩、さすがにこのまま何事もなかったかのように帰らせるのは、無理があると思いません?」

男「そうだな……」

後輩「まだ密室で二人きりなのは変わりませんしねっ」

男「襲いかかる気力があるようには見えないけど」

後輩「う……」

男「だから無理しないでいいって」

後輩「でも!」

男「取られないから心配すんなって」

後輩「そんなの!わかんないじゃないですか!」

男「大丈夫だから!なんだかんだこういうことしてくるのなんて後輩だけだし、ほら、もうちょっと成長したら」

後輩「やっぱり、すぐには相手してくれないんですね……」

男「それは……」

後輩「やっぱり処女なのがいけないんでしょうか」

男「っ!?」

後輩「私は先輩に捧げたかったけど、経験がある方がいいなら」

男「それは!」

後輩 ニヤリ

男「……しまった……」

後輩「それは、どうしたんですかー?先輩?」ニヤニヤ

男「わざとやったのか……」

後輩「何のことですかー?」

男「ならそうしろって言ったら相手はいるのか?」

後輩「私だって言い寄られることはあるんですよ?」

男「……」

後輩「その気になれば相手くらいは」

男「なら俺も幼に頼むか」

後輩「……っ!」

男「おいおい!冗談だって!涙目になるなよ」

後輩「だって!」ポロポロ

男「あーはいはい悪かったよ、よしよし」

後輩「うぅ……」

男 ナデナデ

後輩「私を見てくれないのは仕方ないですけど!他の人にとられるのは嫌です!!!」

男「そうか」

後輩「ちゃんと聞いてください!」ギュッ

男「お、おう……」

後輩「先輩はやっぱり油断しすぎです!」

男「は、はい……」

後輩「さっきからその気になれば……その……キスくらいいくらでもできるくらい隙だらけでしたよっ!」

男「流石にそんなことは……」

後輩「実際に試しますか?」

男「えっと……すいませんでした……」

後輩「そんな隙だらけの癖に肝心なところはかわされるし……」

男「それなら心配ないんじゃ……」

後輩「私は先輩に他の人が抱き付いたりするだけでも嫌なんですっ!」

男「そ、そうか……」

後輩「今日再認識しました……先輩はガードが甘すぎです!」

男「いや……それは後輩だからで」

後輩「なっ///私だけ特別……?」

男「いや、後輩はほら、受け止めないと怪我する勢いで来るだろ……」

後輩「……それだけですか……」

男「えっと……」

後輩「そうやって!気のあるそぶりだけ見せるくせに手は出してくれないなんて!何なんですか!」

男「えっと……ごめん?」

後輩「謝ってほしいわけじゃないです……」

男「その、後輩はさ」

後輩「……?はい」

男「俺のこと、好きなのか……?」

後輩「……はぁ……」

男「あ、いや、悪かった、変なこと聞いた、忘れてくれ」

後輩「今更その質問はどうかと思いますよ……」

男「……まぁ、俺もそう思ったよ、聞いてから」

後輩「でも、まぁ先輩がそう言うならはっきり言っておきます」

男「え……」

後輩「私は先輩のことが、大っ好きです!!!好きで好きで今にも襲いたいくらい、他の誰かに取られるなんて耐えられないし私だけのものにしたいしちゃんと…その…女の子として扱ってほしいです!!!」

男「……」

後輩「あ、照れてる」

男「そりゃ……まぁ……」

後輩「で……一応こんな形とはいえ、私、告白したんですが」

男「そうだな……」

後輩「何かしら返事とか、反応とか、ないんですか……」

男「あー……えっと……」

後輩「返答次第では」

男「……?」

後輩「このまま押し倒します」

男「なんでだよっ!?」

後輩「いいからとにかく答えてくださいっ!」

男「お、おう…いやでも押し倒されるのわかっててOKはできな」

後輩「……っ!」グス

男「あっ……」

後輩「……わかりました」

男「えっと……」

後輩「じゃあ……襲いますね」

男「だからなんでだよっ!?」

後輩「言いましたよね?返答次第では襲うって」

男「いや、OKしたらその場の勢いでとかそういう話じゃって待て!脱がすな!」

後輩「OKしてもらえたら今焦ることないじゃないですか」

男「あれっ、そういう…いやOKしたらそれはそれで襲われそうだった気も」

後輩「先輩、もう少し筋肉つけてもいいかもしれませんねー」

男「おい、そろそろやめ」

後輩「今回は反省を活かしてしっかり手も押さえつけてるんで無駄ですよー」

男「えっと、落ち着け、今ならまだ間に合うから」

後輩「もう振られたんですから間に合うも何もありませんよ……」

男「いや、振ったわけじゃなく……」

後輩「……」

男「えっとだな……」

後輩「襲われるのが嫌だからとりあえず言いくるめようとかなら、許しませんよ?」

男「それはないっ!」

後輩「……わかりました」

男「あの……いや、俺も後輩のことは好きだぞ?」

後輩「なっ?!///」

男「そんな驚かなくても……」

後輩「えっ、だって……あの……」

男「ただちょっと焦り過ぎてないかなーって、今もそうだが、受け入れたら歯止めが効かなくなるんじゃないかって」

後輩「それは……その……あんまり自信はありませんけど……」

男「だろ?」

後輩「うぅ……」

男「あとはまぁ、後輩相手だし手を出すのは……とかなんか色々考えてるうちにこう……」

後輩「……」

男「ただまぁ……むしろ中途半端なままだからダメだったんだよな」

後輩「っ!」

男「えっと……こんな形、というか、女の子から言わせて悪かった。後輩が好きだよ、付き合ってくれ」

後輩 ポロポロ

男「えっ、あれっ、泣いて」

後輩 ダキツキッ

男「おっと……いつも唐突だな後輩は」

後輩「だって!うぅ……その!あ!泣いてるのは、あの、嬉しいからで!」

男「さすがにわかるから大丈夫だ」

後輩「先輩、鈍いから、ちゃんと言っておかないと……」

男「それは否定しきれないけど、とりあえず泣き止むまではおとなしくしてろ」

後輩「……」


男「落ち着いたか?」

後輩「二回もすいません……」

男「いや、まぁ、むしろ二回も泣かせてすまん……」

後輩「ぐすっ…ほんとですよっ……」

男「悪かったって……」

後輩「まあ、それはもういいです」

男「おう」

後輩「そんなことより……その……さっきの、嘘じゃないですよね?」

男「もちろん」

後輩「ほんとに……?」

男「ほんとに」

後輩「ということは、抱きついても怒られないっ?」

男「え……まぁそのくらいな」グハッ

後輩「えへへー」

男「あのな……後輩、怒らないし逃げないからもう少しゆっくりきてくれ……」

後輩「ごめんなさいっ!嬉しくてつい」

男「この位ならいくらでもするから」

後輩「いくらでもっ!」

男「抱きつくくらいなら好きなようにしてくれ」

後輩「えへへー……あっ!」

男「?」

後輩「他の子には許しちゃダメですよっ!」

男「わかってるよ」

後輩「その辺は全然信用できませんからねー、先輩」

男「抱きついてくるのなんてそんないないから大丈夫だろ」

後輩「ちょっとでもいる事が問題なんですっ!」

男「お、おう……」

後輩「ちゃんと、か、彼女がいるからって断って下さいよっ!」

男「わかったよ」ナデナデ

後輩「えへへー」

男「んで、そろそろ帰らないとまずいんじゃないか?」

後輩「あー……そうですねー、今更感もありますが」

男「おいおい……大丈夫か?いや俺のせいでこうなってるからあんま言えないけど」

後輩「まぁ、何とかなりますよ」

男「ほんとかよ……」

後輩「先輩を捕まえるためだったって言えばお母さんなら許してくれますっ」

男「どういう事だよ……」

後輩「むしろしっかりものに出来たといえば褒められるかもしれません」

男「……そうか」

後輩「近いうちに招待しますねっ」

男「今の話のあとだとすごい行きにくいけどな」

後輩「えー」

男「ま、そのうちな、とりあえず今日は帰れ」

後輩「はーい」

男「……」

後輩「……」

男「で、何で動かない」

後輩「んー、何か物足りないなーって」

男「何がだ?」

後輩「んー、帰る前にこう……」

男「まぁとりあえず準備しろ」

後輩「はーい……」


男「じゃ、お疲れ」

後輩「はい、お邪魔しました」

男「結局当初の目的の勉強はまるで出来なかったわけだが」

後輩「また呼んでくれますよねっ?」

男「そう……だな」

後輩「えへへー。あ、準備させといて申し訳ないんですが、走って帰るのでここまでで大丈夫ですよ」

男「大丈夫か?」

後輩「大丈夫ですよっ!」

男「そうか」

後輩「そんなことより……」

男「?」

後輩「先輩っ!」

男「どうした?」

後輩「ちょっとこっち来てくださいっ」

男「何――」

後輩 チュ

男「んっ!?」

後輩「先輩はやっぱり、油断しすぎですねっ!///」


終わり
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

すかい

Author:すかい
新しいものほど良くなってる。

なんてことはありません……

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。