スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許嫁「他の子ばかり……」


許嫁「……」

男「どうした?」

許嫁「……男さん」

男「おう」

許嫁「今日後輩ちゃんと何をしていました?」

男「えっ……?勉強教えるって言ってたよな?」

許嫁「はい、そう聞きました」

男「……?」

許嫁「勉強を教えるというなら仕方ないと思い我慢しましたが……」

男「我慢?」

許嫁「婚約者が他の女の子と二人きりになるのですから」

男「え!嫌だったのか?」

許嫁「それは……まぁ……少しは……」

男「そうなのか……悪かった」

許嫁「いえ、私だってそこまで縛り付けるつもりはありません……」

男「おう……」

許嫁「ですが」

男「……が?」

許嫁「頭、撫でてましたよね?」

男「え……あー……そんなこともしたような」

許嫁「後輩ちゃん、嬉しそうでしたね?」

男「そうだったか?」

許嫁「男さん、デレデレしてましたね……?」

男「そんなことは……」

許嫁「後輩ちゃん可愛いなーとか思ってませんでした……?」

男「それは……」

許嫁「……」

男「えーと……」

許嫁「他にも」

男「……」

許嫁「先輩に抱きつかれてましたよね……?」

男「あれは突然でっ」

許嫁「はい、ですからそれは仕方ないです」

男 ホッ

許嫁「ですが」

男「う……」

許嫁「どうしてその後抱きしめ返したんですか?」

男「っ!……それは」

許嫁「……」

男「えっと……すいません……」

許嫁「男さんは」

男「はい……」

許嫁「私が婚約者という自覚が足りないように感じます」

男「すいません……」

許嫁「これでは両家とも安心できません」

男「そうですね……」

許嫁「何よりっ!」

男「はい」

許嫁「一番の問題は……!」

男「……」

許嫁「私には一度も撫でたり抱きしめたりしてくれていないことですっ!」

男「……え?」

許嫁「え?ではありませんっ!どうして他の子にはここまでデレデレしてるのに婚約者である私には何もしないんですかっ!?」

男「ちょ、ちょっと待った」

許嫁「なんですかっ?」

男「もしかしてだな」

許嫁「はい」

男「いや、間違ってたら恥ずかしいんだが……ヤキモチ……?」

許嫁 カアァァァァ

男「まじか……」

許嫁「うぅ……仕方ないでしょうっ!その……婚約者なんですから……」カアァ

男「いや、えっと……申し訳ない?」

許嫁「同意の上での婚約というから両想いだと思っていたのに……」

男「えっ?」

許嫁「いいですよ……私の勘違いだったようですし……ですが!婚約者は私ですからねっ!他の子とどれだけイチャイチャしたって結婚は」

男「ちょっと待て、え、両想いってどういうことだ……?」

許嫁「はい……?」

男「いや、さらっと大事なこと言ってた気がしたんだが」

許嫁「ですから……その…貴方も私のことが……す、好きだ……と……//」

男「ということは……許嫁は俺のことを……えっと……好きだと?」

許嫁「うぅうぅぅ……はい、そうですよっ!//」

男「まじか…親に勝手に決められたものだと……」

許嫁「男さんはどうだったかわかりませんが……私は決められた相手の中とはいえ選ぶ自由は与えられてたんですっ」

男「そうだったのか……いやでもいきなり写真なりなんなりで見ただけだろ?」

許嫁「……」

男「?」

許嫁「覚えてないでしょうけど…小さい頃に私たち、一度会っているんですよ?」

男「え……」

許嫁「まあずいぶん前のことですし忘れていても……」

男「いや覚えてる、むしろ許嫁がそれを覚えてたことに驚いてる」

許嫁「えっ」

男「そうか、いや覚えてたのか……おお……」

許嫁「えっ、えっ?」

男「あー、混乱してるな」

許嫁「それは……いや」

男「えっとな、うちは確かに親のおかげでそれなりの家ではあるが……結婚相手を押し付けられたりする事はなかったんだよ」

許嫁「えっ、えっ、それって……」

男「うちはまだまだ親が元気だしな、それに、そういう手段でどうこうする時代でもないだろうとか言ってて」

許嫁「それじゃあなんで……」

男「自由とはいえ選択肢としてたまに話は来ててな、その中に許嫁を見つけたから」

許嫁「それじゃあ……え……」

男「面影しかなかったけど、写真見た時、絶対あの時の……一目惚れした子だって」

許嫁「一目惚れっ!?えっ、ということは……」

男「まさかそっちまで覚えてるとは思わなかった……」

許嫁「はい、いえ、それはそうなんですが今はそれより大事なことが……」

男「?」

許嫁「ですから…その…男さんも私のことを……好き、ということで……」

男「そうだよ、好きだ」

許嫁 カアアアァァァァァ

男「そうか……覚えててくれたんだなー」

許嫁「はい…男さんも覚えてくれてるなんて……あれ?」

男「?」

許嫁「嬉しくて誤魔化されそうになりましたが……でしたらなおさらなぜ他の女の子に……」ジト

男「あー……」

許嫁「誤魔化されませんからねっ!」

男「結構ぎりぎりだったよな……?」

許嫁「う、うるさいですっ!そんなことよりちゃんと説明してくださいっ!」

男「えーと……」

許嫁「……」

男「いや、まさか許嫁が俺のこと好きとは思わなくてな?何か冷たかったし」

許嫁「あんなにアピールしたのに……」

男「えっ」

許嫁「苦手な料理も毎日頑張って……」

男「苦手な?あんなに美味しかったのに?!」

許嫁「本当ですかっ?!」パアッ

男「おう、めちゃくちゃ美味かった、バランス考えてて手間も惜しまずやってくれてるなーって感謝してるぞ」

許嫁「よかった……ってまた誤魔化されそうになりましたがっ、ならなんで他の子に……」

男「あー……」

許嫁「いまさらその程度で男さんを嫌いにはなれませんが……返答によっては色々と考え直さなければいけないかもしれません……」

男「う……」

許嫁「とにかく、しっかり説明してもらいますからね」

男「はい……すいませんでした……」

許嫁「それで?」

男「えっと……撫でたのはまぁ…このくらいならいいかなーという気持ちがありまして……」

許嫁「……まぁ、確かにそのくらいでうるさく言うつもりはありませんが……」

男「ならよかった……」

許嫁「ですが」

男「はい……」

許嫁「私にもしてくれている上でなら、ですね」

男「それは……」

許嫁「私にはしないことを他の子にされてたら……その……不安にだってなります」

男「ごめんなさい……」

許嫁「というわけで」

男「?」

許嫁「撫でてください」

男「今っ?」

許嫁「むしろいつも撫でてくれても構いません」

男「いつもっ?!」

許嫁「とにかく、今撫でてくれれぱ許します」

男「えっと……いいのか?」

許嫁「もちろんです、というより、撫でないと許しません」

男「じゃあ……」ナデナデ

許嫁「ふあっ」

男「……これで良かったのか……?」

許嫁「……」

男「えっと……」

許嫁「……少し短すぎますが……まぁとりあえずはいいでしょう」

男「とりあえず、か」

許嫁「で、次は…抱きついたことに関してですが……」

男「それに関しては…申し訳ないというか……」

許嫁「言い訳は聞きますよ?」

男「……じゃあ、えっとな……」

許嫁「はい」

男「その、先輩に抱きつかれた時、わりとドキッとしてな」

許嫁 イラッ

男「ひっ……」

許嫁「……とにかく、最後まで聞きましょう」ニッコリ

男「あ……えっと……」

許嫁 ゴゴゴゴゴ

男「怒ってますよね……?」

許嫁「いえ、ええ……ですがとにかく最後まで聞きますよ?将来の結婚相手の考えてることは知っておいて損はないでしょうし……」

男「はい……あれ?えっと、じゃあ……この件で婚約破棄みたいなことには」

許嫁「……惚れた弱みですね……」

男 ホッ

許嫁「そのかわり、ちゃんと説明してくださいね?」ニコニコ

男「う……」

許嫁「……」

男「その……さっき言ったとおり、ちょっとドキッとした時にだな……」

許嫁 イライラ

男「その……許嫁の事を思い出して……」

許嫁「えっ?

男「婚約は出来たとはいえ…何となく許嫁が冷たくてやっぱり一方的な話で嫌々決められたのかな、とか考えてだか」

許嫁「それは……その……恥ずかしくて……何を話せば良いかもわかりませんし……//」

男「それはさっきそういう事だったのかってなんとなく理解したんだが……」

許嫁「はい……」

男「まぁその時はそんな感じであー許嫁とこんなことできることあるのかなーとか考えてたら……」

許嫁「……」

男「手が勝手に」

許嫁「…………」

男「すいませんでした……」

許嫁「今の話、嘘はついてませんね?」

男「もちろん!」

許嫁「そう、ですか……」

男「……?」

許嫁「つまり、男さんはその……わ、私の事を考えてそういう行動を……?」

男「あー……そういうことになるの……かな?」

許嫁「わかりました……」

男「えっと……?」

許嫁 スーハースーハー

男「????」

許嫁「えいっ」ダキッ

男「?!!!?!」

許嫁「こ、これで!もう他の子に抱きついたり…しませんよねっ……!」カアァ

男「お、おう、えっと、もちろん……です」

許嫁「……」ドキドキ

男「……」ドキドキ

許嫁「……それで……いつになったら……抱き返してくれるんですか……?」

男「え、あ……」

許嫁「……」ドキドキドキドキ

男「……」ダキ

許嫁「……///」

男「……」


許嫁「……そ、その、そろそろ」

男「あ、あぁ、そう、だな」

許嫁「……」

男「……」

許嫁・男「「そっちから」」

許嫁「……」

男「……」

許嫁「同時に、離れましょうか」

男「そう、だな……」

許嫁「……//」


許嫁「これは……思ったよりも……」

男「そうだな……」

許嫁「まぁ、経験豊富な男さんは余裕があったでしょうけどね」ニコ

男「そんなことはっ」

許嫁「ふふ、冗談ですよ……ちゃんと、さっきの言葉に嘘はなかったってわかりましたから……」

男「くっ……」

許嫁「さて……」

男「?」

許嫁「わかってると思いますが、もう私以外の子に抱きついたり……しませんよね?」

男「それはもちろんっ!」

許嫁「抱きつかれるのも?」

男「それは……」

許嫁「もし抱きつかれたら私も他の人に――」

男「全力で避けます」

許嫁「よろしい」

男「……かわしきれるだろうか……」

許嫁「もし抱きつかれたら」

男「っ――」

許嫁「私には三倍は抱きついて下さい」

男「なっ!」

許嫁「あ、照れましたね」

男「う……」

許嫁「約束ですよ?」

男「わかった]

許嫁「ふふ」

男「あー、でも……」

許嫁「?」

男「それだとわざと抱きつかれたくなりそうだな」

許嫁 ゴゴゴゴゴゴゴ

男「すいませんでした!冗談です!!!」

許嫁「……」

男「でもさ」

許嫁「はい?」

男「普段は抱きついちゃいけないのか?」

許嫁「えっ?それは…そんなこと、言わなくてもわかってくださいっ!」

男「仕返し成功っ」

許嫁「……」カァァ

男「やっぱ許嫁は可愛いな」

許嫁「うぅ……ですが、ほんとに自分から抱きつかれにいっていたら……」

男 ビクッ

許嫁「わかってますね?」ニッコリ

男 コクコク

許嫁「わかってもらえたなら何より」

男「はい……」

許嫁「あの……それでですね……」

男「ん?」

許嫁「えっと……お願いが……あります」

男「お願い?」

許嫁「これだけ私を不安にさせたんですから、一つくらい良いですよね?」

男「えっと……はい……」

許嫁「では……私だけの、何かを下さい」

男「何か……?」

許嫁「撫でるのも、抱き着くのも、全部私の方が他の子より後でした」

男「……すいません」

許嫁「ですから、私だけに、もう私が不安にならないような特別な、何かを」

男「えっと……」

許嫁「……」

男「……わかった」

許嫁「……」ドキドキ

男「じゃあ、目を閉じて」

許嫁「はい……」

男「良いんだな?」

許嫁「……はい」

男「もう、不安にさせないようにする」

許嫁「んぅっ……約束、ですよ?」


おわり
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

すかい

Author:すかい
新しいものほど良くなってる。

なんてことはありません……

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。